大泉洋の映画最新情報をチェック!ノーサイド以外も映画で活躍

俳優

高い演技力で、映画やドラマはもちろん、

バラエティ番組でもそのユニークさで人気の

大泉洋さん。

北海道出身で、TEAM NACSのメンバーとしても

活躍されていますね。

そんな大泉洋さんが出演された映画作品を

過去のものから最新のものまで調べてみました!

スポンサーリンク
 




大泉洋、映画最新作品は?

大泉さんは今年1月公開の映画

『そらのレストラン』で主演を務められていました。

また、昨年12月に公開された

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』でも

主演を務められていました。

こちらは

大泉洋さんの演技の振り幅に驚かされた!

大泉さんの熱演が素晴らしい!という声が多数

あがっている作品となっています!

スポンサーリンク
 




大泉洋、映画空のレストランの評価は

北海道出身の大泉洋さんは

今年1月に公開された映画

『そらのレストラン』で主演を務めました。

『しあわせのパン』

『ぶどうのなみだ』に続く

北海道映画の第3作目で、

大泉さんは全ての作品で主演を務められました!

心温まる視点で、地域と人と食を描いた

作品となっています。

大泉洋さんの演技力については

言うまでもないですね。

前作もそうですが、

北海道が舞台となっており、

温かい人のぬくもりや、美しさ

優しさが描かれており、

見る人の心を癒す作品だという

評価が多数見られました。

1つ注意したいのは、

空腹状態では見ないこと、です!

お腹が空いて堪らなくなりますからね…。

大泉洋、映画撮影中の出来事

そんなハートフルストーリーの

撮影中、

「劇団八雲」なるものが結成されたと

大泉さんは映画のプレミアイベントで

述べられていました。

なんでも、

『そらのレストラン』の舞台は

北海道のせたな町という小さな町なのですが、

全員が同じホテルに泊まれずに

歓楽街がある隣町の八雲町に

宿泊されたキャストが多かったようです。

それが、共演者の

岡田将生さん、マキタスポーツさん、

高橋努さん、石崎ひゅーいさんなのですが、

せたな町の隣町といえど八雲町は車で1時間の

距離に位置し、

八雲町宿泊組は集団行動を余儀なくされました。

その間の持て余した時間で台本の読み合わせを

していたそうなんですが、

その様子が劇団のようだと、

大泉洋さんが名付けたそうなんです。

(大泉さんは近くのホテルに宿泊されたようです!)

プレミアイベントでは、

撮影中の「劇団八雲」のエピソードを

大泉さんがお話されていて、

まるで撮影中は「合宿状態」だったとのこと。

とても良いチームワークで撮影をされたことが

伺えたようです!

北海道の豊かな自然と大地が

キャスト陣の絆を深め、

一層素晴らしい映画に仕上がったのでしょう!

大泉洋、映画恋は雨上がりの評判は

また2018年5月に公開された

『恋は雨上がりのように』でも

大泉さんは主演を務められました。

人気コミックが原作で、

小松菜奈さん演じる女子高生・あきらが

想いを寄せるアルバイト先の店長

近藤を演じられました。

17歳のクールな女子高生が

45歳の冴えないおじさんに恋をする…

近藤は、真っ直ぐなあきらの想いを

受け止めきれないでいます。

そんな2人の「人生の雨宿り」の物語です。

個人的に原作を読んで

とてもすきな作品なのですが、

小松菜奈さんも大泉洋さんも

イメージ通りでした!

小松菜奈さんのような女子高生に告白される

45歳のおじさんはそりゃ戸惑いますよね。

同時に、大泉洋さんのような

優しくて可愛らしいおじさんなら

好きになってしまう気持ちもわかります…。

登場人物達の繊細で美しい感情に

なんだか心がむずむずするような、

でもとても爽やかな作品となっています!

大泉洋、ゾンビ映画に出演した?

2016年公開の映画

『アイアムアヒーロー』でも主演を務めた大泉さん。

原作漫画も人気作品です。

35歳、漫画アシスタントの鈴木英雄は彼女とも破局寸前。

さえない日々を送っていましたが、

彼女が突如「異形の姿」になってしまったところから

平凡な毎日は崩れ去っていきます。

感染によって『ZQN(ゾキュン)』という生命体に変貌していく人々。

生き残りをかけたサバイバルゾンビ映画です。

 

結構グロテスクで怖いという感想が多かったです。

そしてそれよりも多かったのが

「大泉洋さんがとにかくかっこいい」という感想。

グロ系が超絶苦手な私も頑張って観てみましたが、

確かにこれはかっこいい。

ゾンビの頭を無言でぶち抜くシーンがあるんですけど

(なかなかグロいので注意)

「本当に大泉洋さんですか…?

水曜どうでしょうに出てる大泉さんですか…?

全然違う…(当たり前)」

ってなりますよ。

大泉さんの違った一面、

ただただかっこいい大泉さんを観たい方は是非!

ただちょっとだけ覚悟してください!

スプラッター系なので!

大泉洋、映画で吹替にも挑戦

2018年12月に公開された映画『グリンチ』では

主人公・グリンチの日本語吹き替えを

大泉さんが担当されました!

グリンチは、アメリカの児童書『いじわるグリンチのクリスマス』の

主人公で、

嫌われ者の醜い緑色の怪物であるグリンチが

クリスマスを通して改心するという物語です。

日本では浸透していませんでしたが、

アメリカではクリスマスの代名詞とされるキャラクターだそうです。

一言で言います。

かなりハマってます。

本当に途中から大泉さんの実写ではないかと見紛うほどです。

過去にジム・キャリーさんが実写版で

グリンチ役を務めていましたが、

きっと大泉さんでも何の違和感もなく演じられると思います。

大泉洋、映画最新情報まとめ

大泉洋さんが出演されている映画で

一番最新のものが

『そらのレストラン』で、

近々映画出演される予定はないようです。

なんでも、7月からTBS系の日曜9時から放送の

『ノーサイド・ゲーム』というドラマで主演を務められるそう。

しばらくはドラマの方で忙しくなるのではないでしょうか。

大泉さんが今まで出演されてきた映画は数多くあるので、

今後最新の映画の出演予定が出てくるまでに

大泉さんの演技をおさらいするのもいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク